卵の種類と栄養について

赤い卵と白い卵

卵の種類と栄養について

卵

卵の種類と栄養について詳しく知っていますか?たとえばスーパーなどで売られている卵の中には殻の色が白いものと赤っぽいものがありますが、実は殻の色には栄養学的な差がほとんどありません。赤っぽい殻のほうが栄養がありそうだというイメージが強いと思いますが、そんなことはないのです。では殻の色は何故違ってくるのか、それは羽毛の色に理由があります。一般的に羽毛が白い鶏は白い卵を、赤茶色の鶏は赤っぽい卵を産むとされているのです。最近は品種改良が進み、必ずしもこのとおりというわけではありませんが、殻の色で栄養の違いに差がない理由がお分かりいただけたと思います。ちなみに品種改良が進んだ結果、特別な栄養価を高めた特殊な卵も売られるようになりました。たとえばヨード卵やDHA卵などです。これらは卵を産む鶏の食べる飼料にそれらの栄養価の高いものを混ぜ、鶏の体を通して栄養分を卵に移行させる仕組みを取っています。アレルギーや動脈硬化などに対して有効だという報告が寄せられており、話題を集めているのです。価格はちょっとお高めですが、財布に余裕がある時など試しに買ってみてはいかがでしょうか。