卵の種類と栄養について

赤い卵と白い卵

オムレツ

オムレツといえば今も昔も美味しくて人気の料理のひとつですよね。ところでこのオムレツという料理名の由来をご存知ですか。もちろん諸説あるのですが、面白い説を見つけました。昔スペインの王様が従者を連れて田舎を散策していたところお腹が空いてきたので、通りすがりの家に居た男に食べ物を用意するようにと命じたと言います。するとその男はフライパンをもってして溶いた卵を素早く焼いて差し出したのだそうです。王様はその料理を見たことがなく、いたく感心して、食べながら何と素早い男だと褒め称えたといいます。素早い男だ、というのを現地の言葉で言うとケルオムレストとなるのだそうですが、これが訛ってオムレツになったというのです。なんだかおもしろいですね。この説が正しいのであれば、さっと素早く作るのがオムレツの極意ということになるのでしょう。ふわふわでもとろとろでもなく、素早く作った素朴なオムレツ。でもそれはそれでとてもおいしそうです。いつだったか見たテレビ番組の中で、今巷に溢れているオムレツはオムレツではない、ふわふわでもとろとろでもなくて固くて素朴なオムレツが食べたいという意見を聞いたことがあったのを思い出しました。

コメントを受け付けておりません。