卵の種類と栄養について

赤い卵と白い卵

ポーチドエッグ

小物03

ポーチドエッグは卵料理のひとつです。日本ではもともと落とし卵と呼ばれる料理でしたが、今ではポーチドエッグと呼ばれる方が多いかもしれませんね。お湯の中に割った卵を滑らせて入れて加熱したもので、調理時間は数十秒程度ととても短いのが特徴です。マフィンやトーストしたパンの上にのせるのもいいですし、サラダにのせても美味しいですね。日本ではそれほど一般的というわけでもありませんが、アメリカではポーチドエッグはとてもメジャーな料理のひとつです。ちなみにただお湯の中に卵を落としただけでは綺麗に固まらないので、お湯には少しの食塩と酢を入れておきます。沸騰したら火を弱め、ぼこぼこした動きがおさまってきたらそっと生卵を滑らせるように入れます。間髪入れずにフォークなどで白身を黄身にかぶせるようにして形をまとめていきます。白身が固まったら火を止めてフタをし、余熱で半熟になるまで茹でてできあがりです。ちなみに栄養学的見地からするとこのポーチドエッグの調理法はとても理想的らしく、卵に含まれるビタミンの破壊を最小限に抑えることができるのだそうですよ。

コメントを受け付けておりません。