卵の種類と栄養について

赤い卵と白い卵

スコッチエッグ

gf0640255783l

スコッチエッグはイギリス料理のひとつです。1738年に発明されたと言われています。ちなみにスコッチという語感からかスコットランド料理だと勘違いされていることもありますが、これは間違いです。イギリスでは軽食として食べられています。ピクニックにもっていく料理としては伝統的とされており、その性格上どちらかと言えば冷めた状態で食べるのが正式だとされています。横半分に切ってトマトソースをかけて食べたり、輪切りにしてサラダやピクルスと一緒に食べたりするのだとか。鶏卵で作った大きいものだけではなく、ウズラの卵で作った小さなものもスーパーでよく売られているそうです。そんなスコッチエッグは日本でも子どもから大人まで、特に男性には受けの良い料理ですよね。作り方は意外と簡単で、固ゆでの茹で卵を調味したひき肉で包み、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて揚げるだけです。カロリーを抑えるためとして、オーブンで作るなどの揚げないレシピもインターネット上などでいくつか見つけることができます。見た目にも綺麗ですし、もし作ったことがなければ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを受け付けておりません。